モバイルサイト

診療時間

全て院長の診療となっております

午前09:00~12:00 月~金曜日
午前14:00~18:00 月~金曜日
休診日 土・日・祝日
アクセス

〒160-0004 東京都新宿区四谷3-10
TEL:03-3351-3610

・丸の内線「四谷三丁目駅」消防博物館2番出口を出て、新宿通りを右(新宿方向)へ40m、一つ目の角より2軒目。

カード

健康保険を使わずに3万円以上の医療費をお支払いの際は、クレジットカードの利用が可能です。

カードの種類:MASTER、VISA、UC、JCB、AMEX、ダイナース

高村医院

高村医院

子宮頸がん予防情報サイト もっと守ろう.jp

中絶手術

中絶手術は悩む時間が限られているにもかかわらず、ご本人にとって大変大きな選択です。

一人で悩まず、どうぞ一度ご来院ご相談ください。

 

通常の診察時間は「9:00~12:00、14:00~18:00」ですが、
不安なことやお困りのことがございましたら直接、院長 高村までご連絡下さい。
TEL:03−3351−3610

  • 8時30分から9時(午前の診療前)
  • 12時から14時(午後の診療前)
  • 18時以降(自分が退所する前)

直接、お電話で患者様の御相談に乗れるようにいたします。お気軽にお電話ください。

 

人工妊娠中絶手術とは

母体保護法第二条第二項では、人工妊娠中絶とは、母体保護法指定医師のみが行うことの出来る手術で、胎児が母体外において、生命を保持することのできない時期に、人工的に胎児及びその付属物を母体外に排出することを言います。
胎児付属物とは、胎盤・卵膜・臍帯・羊水のことを言います。(日本産婦人科医会 指定医師必携より)

 

妊娠週数の計算について

最後の生理が始まった日を1日目と計算し、その日から40週間後が出産予定日です。
妊娠2ヶ月は4週から7週、3ヶ月は8週から11週と言うことになります。
生理の周期が不規則で、計算が難しい方は、エコー検査の計測で診断します。
当院で行える手術は11週までとさせて頂いております。

 

人工妊娠中絶同意書

手術を行うには、法律で定められた、赤ちゃんのお母さんと赤ちゃんのお父さん両方の方が手術に同意していることを示す「人工妊娠中絶同意書」が必要になります。ダウンロードください。

また、赤ちゃんのお母さんが未成年の場合はお母さんのお母さんまたはお父さん、またはそれに相応しい方が手術に同意していると言う書類も必要になります。所定の用紙はありません。中絶手術に同意していると言う意思表示と氏名をお書き下さい。

 

手術の時期

一番大切なことは「胎嚢」という赤ちゃんが入っている袋の有無を経膣超音波診断装置で確認することです。妊娠週数が4週から5週くらいの方では、赤ちゃんが十分に育っていないために、胎嚢が確認できないことがあります。

尿の妊娠反応が陽性で、子宮の中に胎嚢が確認できない時は、子宮の外に卵が着床する「子宮外妊娠」と区別がつきません。子宮外妊娠は開腹手術を必要とする大変危険な疾患です。早い時期の診断が必要です。2センチ程の胎嚢が確認できるまで、7日から10日くらい手術の日程を遅らせることをお勧めします。11週を越える週数の方は当院では受け入れて居りません。6~7週が適した時期であると考えます。

 

麻酔について

手術室でははじめに点滴をします。点滴の管から色々なくすりを注射します。神経反射を抑える薬。痛みを抑える薬。精神安定剤。麻酔薬を流します。約10分~15分位、酸素吸入はしますが、自分で呼吸をしながら寝た状態を保つように 安全第一に量を調節します。
心電図、血圧、呼吸の状態をモニターし、全身状態が良好なことを確認しながら手術を終えます。
麻酔薬が切れて、歩行が可能になったら自分で歩いてお部屋に戻って頂きます。

 

手術の流れ

妊娠週数や子宮の状態によっては子宮の出口を開くための棒状の器具を使用する場合があります。子宮口の硬さ お産経験の有無により決めさせて頂きます。約2時間程器具を入れながらお待ちいただきます。
この操作が不要と考えられる方はそのまま手術にはいります。

手術は超音波ガイド下に安全に行います。
子宮内の操作を行うために、除除に段階を追って太くなっていく器具を使って子宮口を開いていきます。
充分開いた後で、吸引器を用いて軽い圧力で大半の内容を吸い出します。その後、内容を掴む鉗子と、スプーン状のキューレットという器具で取り残しが無いことを確認します。

当院の手術は吸引法を主に、掻破法を併用する形になります。
その後は 時間をかけて出血が止まっていることを確認して手術を終わります。
手術後の飲食は麻酔が醒めた後摂ることが出来ますが、少量ずつ含んで下さい。

 

プライバシーについて

初診時にカルテを作り、身元確認のため保険証を見せて頂きますが、全てが自費診療で診療の内容が外へ漏れることはありません。プライバシーは完全に守られます。

 

手術の相談・予約・費用について

手術をご希望の日を電話にてお知らせ下さい。仮予約させて頂きます。
午前8時50分・午前10時30分・午後2時の中からお選び下さい。
一度診察に来院して頂き、手術に適した日を相談し、本予約とさせて頂きます。

手術の費用は11万円~15万円で妊娠週数で決めさせていただきます。
初診時の診察料8千円(Rh血液型判定千円)、手術後の診察2千円です。
条件がそろえば(診療の混み具合、妊娠週数、飲食の有無、同意書、等)初診当日の手術も可能ですが、安全確保の面からも、本予約をお勧めします。
当日はナイト用ナプキン数枚、ショーツを持参して下さい。

 

アフターフォローについて

手術後2日目、7日目の2回来院して頂き、下腹痛の様子、出血の様子等 手術後の様子を見せていただきます。手術後は予防的に抗生剤、子宮収縮約を5日間内服して頂きます。

 

手術後の生活について

シャワーは当日より可能です。バスタブへ入浴は7日間控えてください。
3日ほどは安静にして 体に負担をかけない様に御願いします。
お酒は出血が完全に止まった後飲むことが出来ます。
ジョギング程度の軽いエクササイズは7日目から行ってかまいませんが、競技レベルのスポーツは約3週間控えて下さい。

 

次回の妊娠について

出産がご希望の場合、生理の3周期ほど開けて頂けば可能です。手術直後の妊娠にはご注意下さい。

 

手術前の食事について

午前中手術の方は、前日夜10時までに食事を摂って頂き、当日朝は朝食を抜いて来院してください。口を湿す程度の少量の水分を含むことはかまいません。
午後の手術の方は、当日朝9時くらいまでに軽く朝食を摂って頂き以後は飲食抜きで来院してください。

 

化粧 マニキュアについて

手術中に皮膚の色を見たり、目の反射を見たりしますので、メイクはしないか 最小限度に御願いします。また爪で酸素の飽和度を測ります、右左の指1本ずつマニキュアを落としてください。

 

 

 

よくあるご質問

初診料はいくらかかりますか?
A . 9,000円になります。

 

どのように手術するのですか?
A . 妊娠週数により、手術方法が異なります。
また、術前の超音波検査で手術方法を決めさせていただきます。
あらかじめ、前処置として、子宮の出口の拡張挿作が必要な場合もあります。

 

手術までどのくらい日数が必要ですか?
A . 朝食をとらずに午前中に来院して頂ければ、初診当日の手術も可能です。
人工妊娠中絶同意書をご持参ください。

 

手術時間はどれくらいですか?
A . 手術方法は、吸引法を主に掻爬法を併用して行い手術時間は10分前後です。

 

手術時の麻酔法は?術後は痛みますか?
A . 麻酔は静脈からの全身麻酔で行い、麻酔下のうちに手術を終了します。
鎮痛薬を併用する麻酔ですので、手術後の痛みは無いか、ほんのわずかです。

 

手術費用を教えてください。
A . 費用は11万円~15万円で妊娠週数で決めさせていただきます。

 

入院は必要ですか?
A . 手術後は2時間~3時間ほど、病室で休んでいただき、麻酔が充分醒めたあと、お帰りいただけます。

 

術後の通院は必要ですか?
A . 手術2日後に術後の経過チェックをさせていただきます。